金融車ってなに?購入時の流れや買取に関する情報

car.biz

金融車を売る時は必ず専門の買取業者を利用しよう

金融車ってなに?購入時の流れや買取に関する情報

自動車

金融車とは何か?

金融車とは、車の購入時に組んだローンの支払いが出来なかった場合、ローン会社に車を取られてしまう車のことです。その車を、ローン会社が業者に売ったものが金融車として出回っています。他には、お金を借りる時に、車を担保にして取られてしまう場合などもあります。一般的な中古車とは違い、さまざまな特徴があるので確認しましょう。

専門業者に売ろう

金融車は特殊なため、一般的な中古車買取業者では売れません。なので、金融車を専門的に扱う業者に売る必要があります。専門業者は全国にたくさんあります。特に都心部などには多いので業者がなくて困ることはないでしょう。ここからは、実際に金融車を売る時の流れを一緒に見ていきましょう。

金融車売却の流れ

問い合わせ

金融車を買取してもらう時は、まず専門業者を探しましょう。インターネットなどで調べるとすぐに出てきます。利用する業者が決まったら、次に電話で問い合わせを行います。問い合わせをした時に、車種や年式、車検の有無、車の状態などを聞かれるので前もって調べておきましょう。これは大まかな査定額を出すためのものです。

見積もり

業者によって変わりますが、電話した当日に査定額を出したり、後日になったりします。どちらの場合でも業者から連絡が来ます。そして、見積もり金額を言われて、買取の日時を決めます。買取業者との都合を合わせて買取日時を決めましょう。予約した日になると業者の担当者が現社確認を行います。およそ30分程度で終わるでしょう。

買取金額の支払い

現社確認が終わると、最終的な買取金額が提示されます。その金額に納得することが出来たら、売却になります。基本的に現金支払いに対応している業者が多いので、すぐにお金が欲しい場合は対応しているか確認するといいでしょう。これで買取は終わりです。出張買取などのサービスを行っている業者もあるので、売りに行くのがめんどくさい方は利用するといいでしょう。ここからは、金融車を購入するメリットを紹介していきます。

金融車を購入するメリットランキング

no.1

1.とにかく安い

金融車は、一般的な中古車に比べると5割~6割の価格で販売されていることが多いです。なので予算が同じ場合でも、金融車ならひとつ上のランクの車を購入することが可能です。車は無事故車両など状態のいい車もたくさんあります。

no.2

2.購入時の手数料や経費がかからない

普通中古車を購入する時は、車両価格とは別に税金や手数料などの経費がとても掛かってしまいます。車によっては、20万以上かかることも珍しくありません。ですが、金融車はその経費が掛かりません。車検に関してだけは、費用が掛かりますが残っている車を購入すれば実質0円となります。本体価格のみで購入できるのはとてもありがたいです。

no.3

3.名義変更の手間が掛からない

中古車を購入した時には、名義変更が必須になります。ですが、金融車はいりません。名義変更には申請が必要になるので、申請が通るまで1週間以上かかります。その手間が省けるので購入してからすぐに乗り始めることが可能です。早い場合だと、購入してから当日受け取りとなることもあります。

no.4

4.整備されている車もある

金融車は、一般的な中古車に比べると法人名義の車が多いです。法人名義だとメンテナンスリース車などのディーラーで点検が行われている車が多いです。中古車には故障がつきものですが、購入時にディーラー点検を受けているか確認することで整備された車を購入することが出来るでしょう。

no.5

5.購入時の手続きが少ない

金融車は、購入時に必要な手続きが少ないとう特徴があります。購入に関する契約書を記入して、運転免許証などの身分証明証のコピーを取り、購入代金を支払うだけでいいのです。こんな簡単な手続きをするだけで、車が購入でき、乗って帰ることも可能なのです。

広告募集中